« ドレス | メイン | 謝辞 こんな感じで作りました(途中のもの) »

2006年3月16日 (木曜日)

謝辞 こんな感じで作りました(途中のもの)

保育園の卒園式の謝辞は、こんな感じで作りました。これは、最終校正前のものなので、本番用とは若干違いますが、だいたいこんな感じで。

園児のみなさん、並びに保護者の皆様ご卒園おめでとうございます。

誠に僭越ではございますが、保護者を代表いたしまして、ひとことお礼を述べさせていただきます。

園長先生、諸先生、そして関係者の皆様、本日はこのようにすばらしい卒園式を挙行していただき、誠にありがとうございました。

ご来賓の方々や地域の皆様には、子供達のために、常日頃からご尽力いただき、保護者一同心よりお礼申し上げます。

卒園の日を迎え、初めて保育園にお預けした頃からのことを懐かしくひとつひとつ思い出します。

泣いている子供を先生にお願いして後髪を引かれる思いで仕事に出かけたこと、お迎えが最後になり泣きそうな顔で私を待っていたことなどが頭をよぎります。つらかったことも、先生方のお支えで乗り切り、保護者も成長できた気がいたします。

遠足、運動会、お遊戯会、お誕生会など、たくさんの楽しい行事もありました。

何もできないと思っていた子が、運動会では一生懸命に走り、お遊戯会では一人前の顔をしてダンスをし、和太鼓ではお友達と協力して見事なリズムを奏でていました。わが子の見違える姿に感動するとともに、先生方のご苦労が偲ばれます。

家庭では、いつの間にか朝晩の挨拶ができるようになり、家族だけではなく近所の人たちにもきちんと挨拶ができるようになりました。保育園での楽しい生活を通して、集団生活のルールやお行儀、お友達と協力すること、最後まで頑張りぬくことなどを教えていただき、こんなに健やかで、けじめのある子供に成長することができました。

まだ物心のつかぬ我が子を抱いて、この***保育園の門を初めてくぐった日。あの日の幼かった子供達が、今日のこの席では心なしか頼もしく見えます。

これも園長先生をはじめ、諸先生方が保育目標の「心やさしく たくましく 根気強い やる気のある子」を徹底して実践してくださり、親も及ばぬほどのお心遣いと深い愛情で保育していただいたおかげと心より感謝いたしております。

言葉に尽くしきれるものではありませんが、本当にありがとうございました。

今はただお名残惜しい気持ちで一杯ですが、子供達にとって、***保育園での生活は、一生の宝物となることでしょう。

皆様からいただいた沢山の思い出やお教えを胸に、子供達は今日元気に巣立ちの日を迎え、四月からはいよいよ、小学校に入学いたします。

これからも、子供達の成長を見守り、何かとご指導くださいますよう、お願い申し上げます。

最後になりましたが、***保育園のますますのご発展と、先生方、ご来賓の皆様方のご健勝を祈念いたしまして、お礼の言葉といたします。

平成十八年三月十九日 

卒園児保護者代表 今昔 花子

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/63504/3104341

このページへのトラックバック一覧 謝辞 こんな感じで作りました(途中のもの):

コメント

コメントを投稿